女性 抜け毛

女性の抜け毛で注意すべきことは?|知っておきたい傾向と対策

 

シャンプーをしていると、抜け毛の数が多いような気がする。
こんなことってありませんか?

 

将来、薄毛になってしまうのではないかと不安になったり…
とは言え、髪の毛が薄くなっている部分はないし…

 

これは問題あるの?ないの?
女性が注意すべき抜け毛の特徴と傾向や対策についてまとめてみます。

 

男性の薄毛とは違う…女性型の薄毛FAGAって?

抜け毛が多いと、当然のことながら髪が薄くなる可能性が高くなります。
ただ、1本や2本抜けたからといって深刻な被害にあうわけではありませんし、むしろフサフサの髪の人でも抜ける髪はあります。
なので、抜け毛を発見したからと言って悲観的になる必要はありません。

 

ただし、女性に多いFAGAという薄毛の症状は、特定の箇所だけが薄くなるわけではなく、全体のボリュームがなくなるように徐々に進行していくので気づきにくいというデメリットがあります。
必要以上に不安になる必要はありませんし、逆に楽観的になりすぎるのも問題なのかもしれません。

 

【薄毛になりやすい人の特徴】
・昔と明らかに髪質が変わった気がする(細く弱々しい感じに…)
・髪のボリュームがなくなった

 

専門的な機関でチェックすることもできますが、状況が深刻ではない場合、普段の生活で簡単に実践できる抜け毛対策もあります。
それらを進めつつ様子を見るのが一番ではないかと…。

 

そもそも…何で髪が抜けるの?

正常なヘアサイクルを保っている人でも髪の毛は抜けます。
ただ、それは役目を終えた髪の毛のことで、これから成長期に突入する髪の毛のことではありません。

 

薄毛に繋がるような抜け毛が発生する場合、それは明らかにイレギュラーな場合。
原因となっていることがあると言われています。

 

女性の抜け毛につながりやすい要因についてまとめてみます。

 

加齢・ストレスによる女性ホルモンの乱れ

年齢を重ねると白髪が出てきたり、髪が細くなったりといろいろな変化が起こります。また、ストレスによって血流が悪くなり、結果として髪の毛に栄養がいかずに抜け毛が増えてしまうという指摘も。

 

これは、髪の毛を美しくつややかに保っていた女性ホルモンが減ってしまうから…とも言われています。

 

シャンプーの使い方

普段、頭皮を綺麗にするために使っているシャンプー。このシャンプーも使い方を間違えると抜け毛の原因になってしまいます。

 

・ゴシゴシと頭皮を傷つけるように強く洗ってしまう
・すすぎが十分ではなく、頭皮にシャンプーが残ってしまっている

 

このような状態だと、頭皮を清潔に保つことができなくなります。結果として、正常なヘアサイクルを維持することができずに抜け毛が増えてしまうケースです。

 

妊娠・出産による抜け毛増加

妊娠・出産は女性にとっての一大イベント。
ただ、産後に起こる症状は色々あって、抜け毛もその1つと言われています。

 

産後に抜け毛が増える理由としては、ホルモンバランスの乱れとストレスが挙げられます。
妊娠・出産すること自体は、とても幸せなことではありますが、同時に乗り切ることができるのがという不安とたたかうことにもなります。
それがストレスとなるケースがあるということです。

 

また、体の変化についていうならばホルモンバランスの乱れがあります。
妊娠中には女性ホルモンの1つであるエストロゲンは減少します。そして、出産を終えると元の量に戻ろうとするのですが、この時の増加が急激なため、結果としてホルモンバランスの乱れにつながりやすいとされているのです。

 

自宅でできる女性の抜け毛対策

では、抜け毛が増えないような対策として、自宅ではどのようなことができるのでしょうか。髪の毛の問題なので、頭皮周辺のケアだけかと思いきや、実は日々の生活の基本的なことが影響することも分かっています。順番にまとめていきます。

 

食生活

髪の毛も成長する以上、普段の生活で摂取した栄養の影響を受けます。髪の成長に欠かせないとされているのが、ビタミン・ミネラル・亜鉛などの栄養素。基本的な栄養素ではありますが、十分な量を摂取できているのかがポイントになります。

 

また、必要以上に無理なダイエットをしたり、好きな食べ物ばかりを食べていると、栄養が偏ってしまいます。過度な飲酒や喫煙も要注意。良質なタンパク質と野菜、果物などバランスの良い食生活を心がけることが大切です。

 

刺激の強い白髪染め

年齢を重ねることで白髪が増えてくる人は少なくありません。その対処法として、白髪染めはポピュラーな方法ですが、刺激の強い白髪染めを使ってしまうと、頭皮へ刺激を与えてしまい、正常なヘアサイクルを乱してしまうことにもなりかねません。

 

最近は、ヘナやカラートリートメントなど、髪への負担が少ない(もしくは、染めることで潤いが増す)白髪染めも増えています。手間は増えるかもしれませんが、頭皮ケア重視の白髪染めを使うことで、結果として抜け毛を予防することにもつながってきます。

 

髪の毛の状態は人によって違いますが、ヘアサイクルを保つという目的は同じ。心当たりのあることから少しずつ始めてみるのも良いかもしれません。

女性が使える育毛剤のご案内TOPへ戻る>>